彩りの世界の中で

エッセイ風に描く日常の風景

真夜中のMTV


家に帰って来たのは23時過ぎ。
近所のスーパーで唐揚げとビールを買って来た。
まずは、シャワーを浴びよう。この世の中の空気で汚れきった身体を清めたい。
自分の部屋は神聖な場所だ。
汚ない身体ではくつろぎたくない。
初夏というには早い季節の今は、お湯の温度は37℃。ぬるくもなく、熱くもなく丁度いい。
シャワーを浴び、サッパリしたところで、遅すぎる夕飯だ。
買ってきた唐揚げと、シャワーを浴びている間に炊いたご飯、冷たいビール。
完全に栄養は偏っている。
けど、美味いものは美味い。仕方ない。
とりあえず、ビールを一口。美味い。
そのまま、リモコンに手を伸ばす。
テレビをつけると、音楽チャンネルがついた。 今日はライブをやっている。
ここ最近で人気が上がってきているバンドだった。
私は音楽が好きだ。
「音楽は世界を救う」と、本気で思っている。
ライブにもよく行く。好きなライブハウスは恵比寿のリキッドルーム。とても見やすくて音響も良いし、1階のエントランスも広くて快適。何よりカフェが併設されているので、待ち時間にゆったり過ごせる。
疲れた身体に音楽が染み渡る。
とても心地よい。
ビールを飲みながらの音楽番組は、どうしてもライブに行きたい衝動を抑えきれなくなる。ライブハウスで飲むビールは何故にあんなに美味いのか。
ほろ酔い気分で、爆音で音楽を聴いていると酔いが回るのがいつもより早くなる。
2回目だが、とても心地よい。
季節はもうすぐ梅雨。梅雨が明ければ、そう、夏がやってくる。
夏といえば、そう、夏フェスだ。
夏フェスにハマってから早10年。毎年、どこかのフェスに行く。
この時のために1年間頑張って働いていると言っても過言ではない。
夏フェスについては、また改めて書こうと思う。
まだ先なのに、夏を想うとテンションが上がる。今年は誰と行こうか。そんな妄想を繰り広げているうちに、音楽番組が終わった。
気づけば時計は深夜1時を過ぎていた。
明日も仕事だ。さっさと寝よう。
大好きな夏を楽しむために、明日もがんばろう。