彩りの世界の中で

エッセイ風に描く日常の風景

忘れていた気持ち

私はここ一ヶ月くらい歯医者に通っている。
要は虫歯である。
会社の近くの歯医者に通っている。
ここの歯医者さんはすごくいい。
院内の雰囲気も好きだし、先生も丁寧に説明してくれて優しい。
「良かった、当たりだ」そう思いながら通っている。
忙しい日々の中、週に一度の歯医者タイムは、確実に私の癒しタイムになっている。
中でも、最近入った受付の歯科助手さんが可愛らしく優しくて癒される。

最近は仕事が忙しく、自分の時間が取れない中で、友人達が遊びに行ってるというツイートやfacebookを見てはイライラしていた。
時間に余裕があって、彼氏とデートか。羨ましい。
時間もなく、出会いもない私には本気でただただイライラする火種にしかならない。

そんな中、癒しの歯医者タイムがやってきた。
院内の雰囲気は相変わらず落ちついている。
待合室は広くなく、ベージュとオレンジを基調としたとても居心地の良い空間。
院長のセンスの良さが分かるインテリア。恐らくサーフィンが好きなんだろう。
すごくセンスの良いBGMは落ちついた雰囲気とマッチしてとても気持ちがいい。

私は、この歯医者に通い初めてから、「自分の店を持ちたい」と思うようになった。
今まで「自分の作品を作ること」を目標にしてきたのは、「自分の世界観を表現する場所」が欲しかったからなんだと思う。
そう考えると、映像でなくても、自分のお店を開けば世界観を表現出来るんじゃないか?と思いついたのだ。
転職をして会社員として働くことに限界を感じているからこそ、私は独立したいのだ。と、ハッキリと分かってきた。

話は逸れましたが…

ある日、歯科助手の女性に声を掛けられた。

「ネイル可愛いですね💕」

何気ない言葉に、私は忘れ掛けていたものを見つけた気がした。

さりげなく、褒める。

忙しくて心が荒んでいた私に、その言葉はものすごく染み渡った。
すごく暖かい気持ちになった。

これだ。
私が忘れていたものは。

さりげない一言を添えるだけで、人間関係は確実に変わる。
その事を思い出した。

ももっともっと他人を褒めていこうと思った。
そうすれば、もっと他人に興味を持てるんじゃないかなぁって思いました。

私は他人に興味がなさすぎるので…

人を暖かい気持ちに出来る人間になりたいですね。


★ホームページ

https://note.mu/sakura230

★日常ブログ

http://sakura390.hatenadiary.jp/

instagram

https://www.instagram.com/rebo6198/

良かったら覗いてみてください♪



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

ブログランキング・にほんブログ村へ